新製品の開発はもちろん、製造工程の中で最も重要なポイントが品質の管理です。オイダでは、専門スタッフによる厳正な審査と、それに対応するオペレーターとの共同作業によって、より高品質な製品をご提供し、確実な満足をお約束します。

   
お客様が望む製品の性能および品質の維持、向上、日常の業務の改善を目的として、顧客満足を重視した仕組み(品質マネジメントシステム)を構築しております。

□試作 □検査
新規受注品は、技術部門で試作加工を行い、量産に耐える安定した品質と、より効率のよい加工方法を追求します。試作で練られた作り方を生産ラインへ渡し量産へと移ります。   検査部門での審査を経た試作品が生産ラインに入ると 各工程での管理となります良い製品をお届けするため、各オペレーターがオイダの品質マネジメントシステムに基づき検査します。

PDCAによる品質向上の仕組み
・P - PLAN
・D - DO
・C - CHECK
・A - ACTION

PDCAが繰り返し行われる事によって、品質の向上が図られます。

安定した生産性、品質改善、コスト改善などあらゆる基準をクリアし、平成元年ヤンマー(株)様より品質管理優良工場の認定をいただきました。

検査設備
三次元測定機(ミツトヨ) 1台
真円度・円柱形状測定機(東京精密) 1台
輪郭形状測定機(東京精密) 1台
表面粗さ測定器(ミツトヨ) 2台
投影機(ミツトヨ) 1台
膜厚測定器(ミツトヨ) 1台
リークテスター(コスモ計器) 2台
リークテスター(ハムロンテック) 1台


三次元測定器


投影機


表面粗さ測定器


真円度測定器
Copyright (C) 2000-2005 Oida Inc. Co. Ltd All Rights Reserved